イタリア中部の伝統パンのサンドウィッチ

3331 Cafe Ubuntuのファストフードとしてお出ししているTIGELLAは、イタリアでも屈指のグルメの州と言われるエミリア・ロマーニャ州の伝統パンの一つです。元々は暖炉で熱したテラコッタや石のことを指していて、それにパン生地を挟み込んで焼きにしたものをCRISCENTINAと呼んでいました。しかし、徐々にパンの方をTIGELLAと呼ぶようになってしまったようです。地元では昔のままCRISCENTINAと呼ぶことも多いです。

カフェではTIGELLAを専用焼き器で毎朝焼いています。地元では、脂身がたっぷり入ったパンチェッタをローズマリーとニンニクでペーストにしたPESTO MODENESEをバターのように塗り、そこにパルメジャーノチーズを振りかけ、バルサミコ酢をお好みでかけて頂きます。どちらかというとワインのお供のような組み合わせです。3331 cafe Ubuntuでは、生ハムやチーズなどシンプルな具材の組み合わせや、シェフが日替わりの具材でお出しています。

Tigella1
Tigella1

press to zoom
Tigella2
Tigella2

press to zoom
Tigella4
Tigella4

press to zoom
Tigella1
Tigella1

press to zoom
1/4
insideCafe_edited_edited_edited_edited_edited.png

Tigella & Bistro

世界各国の料理文化を取り入れたビストロ料理

3331 Cafe Ubuntuは、世界各地の庶民料理がメニューのビストロカフェです。素朴だけど地域の知恵が凝縮された様々な国の日常的な食事をUbuntu風のビストロ料理に仕上げますた。メニューはアミューズ、主菜、プチデザートで構成して、主菜を肉料理か野菜料理から選んで頂きます。

カフェがある3331 Arts Chiyodaは旧中学校校舎ですが、給食のように皆で同じものを食べて、食の喜びを分かち合えるような料理をイメージしています。

 

月に数回、アジアの家庭料理や屋台料理から、お昼ご飯用に仕上げた定食をお出しします。定番は中国山東省の地方料理の黄焖排骨飯(ホーメンパイコーファン)、上海地方料理の土锅油面筋飯(トグァユーメンジンファン)、そしてシンガポール風肉骨茶(バクテー)、ネパールのダルバートです。独特のスパイス風味を持った料理で、深みのあるスープがご飯に染み込んで、美味しく食べれるものばかり。お出しする日とメニューをSNSでお伝えするのでお見逃しなく。

Bistro menu 1
Bistro menu 1

press to zoom
Bistro menu 2
Bistro menu 2

press to zoom
Bistro menu 3
Bistro menu 3

press to zoom
Bistro menu 1
Bistro menu 1

press to zoom
1/3

Address

101-0021

東京都千代田区外神田6-11-14 

3331 Arts Chiyoda, SUITE105